診療案内

診療内容

整形外科・リハビリテーション科

受付・診察時間

 
午前09:00~12:30 千賀 髙橋 千賀 千賀 千賀
午後14:30~18:00 千賀 髙橋 千賀 千賀 千賀

※水曜・日曜・祝日は休診です。
 年末年始、夏期は変更が生じることがあります。詳しくは「お知らせ」をご覧ください。

※土曜日も1日診療しております。

 

検査の紹介

骨密度測定

WHOでは、骨粗鬆症は、低骨量と骨組織の微細構造の異常を特徴とし、骨の脆弱性が増大し、骨折の危険性が増大する疾患であると定義しております。
日本における骨粗鬆症の40歳以上の有病率は、腰椎で男性3.4%、女性19.2%であり大腿骨頸部は男性12.4%、女性26.5%です。

2005年統計換算では腰椎では、40歳以上の骨粗鬆症患者数は約640万人(男性80万人、女性560万人)、大腿骨頸部では1070万人(男性260万人、女性810万人)とされております。

合計1710万人の患者がいますが、多くの症例では未検査、未治療であるとされております。

(骨粗鬆症予防と治療ガイドライン2015年版より)

当院では、2018年4月の開院と同時にGE社のChorale(コラール)を導入し臨床使用しております。
検査に要する時間は、1回のポジショニングのみで腰椎と大腿骨頸部をスキャンし、解析を含めて5分程度の検査で終了し、患者さんに負担をかけることなく終了できます。


予約は必要なく当日検査から結果をお渡しすることができます。
保険適応でDEXA法(腰椎+股関節)450点で検査のみの支払いは保険3割負担の方で1,350円となります。


検査できない症例は、以下のような場合です。
   Baによる胃、大腸検査を1週以内に受けた方(バリウム残存による腰椎との重なりがあるため)
   ヨ―ド造影剤を用いた造影CT検査を2日以内に行なった方(ヨ―ド造影剤の影響があるため)

医師の診察により、検査部位を変更し検査することがあります
   骨折既往があり金属プレートの入っている方
   人工血管を腹部に挿入されている方
   手術や既往が不明な場合

検査対象の疾患は、以下に挙げる方々が主な対象となります。(詳細は当院院長にお尋ね願います)
   高齢による骨折の既往のある方
   骨粗鬆症の診断を受けたことがある方
   背部・腹痛等を訴える方
   リウマチの経過観察を受けている方
   更年期障害(閉経)の経過観察を受けている方
   胃摘出後の経過観察を受けている方
   人工透析療法を受けている方

全身用X線骨密度測定装置 GE社のChorale(コラール)